RSS | ATOM | SEARCH
樹脂チューブの小ロット印刷及びホットエアーシール機を導入しました


  

 

 

この度当社は樹脂チューブのエンドシール機を導入しました。

小ロットの印刷加工からエアホットエンドシール加工まで一貫して受注いたします。

樹脂チューブを使いたいがロットが大きくて対応に苦慮されているユーザーの皆様に100本からでも受注できる体制を整いました、ぜひお問合せをお待ちいたしています。

尚、ホットエアシール方式は開口部の樹脂を高温熱風で溶解しその後密着させ、シール部を円形カットいたしますので当りの柔らかいエンドシールになります。

チューブの生地は当社既成色のパールホワイトで在庫しています。

チューブの印刷はシルク印刷を施しますが、100個の場合はパット印刷をお勧めいたします、シルク印刷よりトータルコストで格安に仕上がります。

 

 

 

 

author:古木屋, category:-, 18:03
comments(0), -, -
生駒の宝山寺参拝
160201 宝山寺.jpg

毎月1日と16日に奈良の生駒に在る宝山寺にお参りに行きます。
立春を迎える月初めの1日はあいにくの小雨まじりの参道でしたが、信仰心熱い人々で賑わっていました。
以前は近鉄生駒駅からケーブルに乗り(これが風情があります)宝山寺駅まで上がり此処から石畳の参道を20分ほどかけて本堂まで登って行きました。この参道の道筋には旅館やお休みどころが有り賑わっていましたが、最近では本堂近くの駐車場を利用して自動車で上る人が多くなり本来の参道筋は以前のように賑やかではありません。
本来は山道を足腰を駆使しながら本山にたどり着く時、その疲れが有難味になってご利益を感ずることが出来るのではないでしょうか。
近年便利さを求める事で自分の足を使わないことや自分の頭を使わなくなって自己鍛錬を忘れがちなのは残念なことです。
苦しさを感じた後、お参りをして心の安らぎを得て、又参道の石段を一歩一歩下りながら日常に戻るとき何かほっとした気分になれるのが楽しいものです。
宝山寺駅の手前の参道わきに「たからや」という庭の綺麗なお茶室を構えた喫茶店が最近開店していました、ここで甘酒でも頂いてみるのも一興です。

 
author:古木屋, category:-, 10:26
comments(0), -, -
新年の抱負
s-2016年賀状 画像.jpg

新年明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願い申し上げます。
化粧品業界の昨年はインバウンドの外国旅行者のお客様が日本の化粧品を沢山お買い上げ頂いたおかげもあり順調な業績を上げられたと思われます。
私ども化粧品の容器製造業界も久し振りに賑わい、容器の印刷加工などはお客様の希望納期に充分答えられない時期もありました。
外国の消費者が日本の化粧品を沢山買い求めて頂く事で日本製の化粧品の品質の良さを再認識され今後も需要が伸びて行くことは間違いないように思われます。
あらゆる日本の製造現場の品質管理は厳しく徹底されており素材から加工管理、流通管理まで世界のどの国にも負けない商品を生み出していると思います。
私ども容器業界も縁の下の力持ちとして化粧品業界の発展を支えて行ける一年を祈願いたしております。

 
author:古木屋, category:-, 17:07
comments(0), -, -
暮れの大阪御堂筋

御堂筋のイルミネーション

久し振りに夜の南に出かけました。
御堂筋の銀杏の木には電飾が施されまばゆいばかりの風情でした。
バブル全盛の時代にはクリスマスともなると夜遅くまでサンタの帽子を被った酔客で賑わっていたものですが、
現在は外国からの旅行者であふれかえっています。
バブル崩壊以来長い間、日本の景気は低迷してきましたが、ようやく明るさが見えてきたようです。
この景気回復の兆しを本格化するように政治も経済界も踏ん張ってほしいものです。
後一週間で新しい年を迎えます、来年こそ一段の飛躍の年に成りますよう、そして皆様方の発展を心からお祈り申し上げます。


 
author:古木屋, category:-, 18:08
comments(0), -, -
社員旅行で阿波踊りを堪能しました

玄人さんの阿波踊りです


社員総出で阿波踊りを楽しむ

先日、会社の社員旅行に徳島へ観光旅行に行きました。
鳴門の大塚美術館で磁器に描いた世界の絵画を堪能し、翌日は徳島市内の阿波踊り会館で阿波踊りの実演をいたしました。
玄人さんに習い見よう見まねで舞台に上がり社員も乗りに乗って楽しいひと時を過ごしました。
阿波踊りのリズムを聞くと体がウキウキするものですネ、出来れば「武内連」でお盆の徳島へ乗り込みたいものです。
author:古木屋, category:-, 18:12
comments(0), -, -
s-柿.jpg

秋も深まり山間の道端に形の良い柿が実っていました。
この柿は渋柿なのでしょうか、このまま残ってカラスの食べ物になるのでしょう。
子供の頃、渋柿を取って秋の田の温もりの中に埋めておき、渋が甘味に替わって来るのを待って食べたものです。
又、美津濃スポーツに在籍しゴルフクラブの製造研修中、アメリカ産の黒柿を輸入し渋を抜いてウッドヘッドを作った思い出もあります。
干し柿は正月の飾り物ですが、北陸の田舎では冬の炬燵でのお菓子替わりによく食べていました。


 
author:古木屋, category:-, 08:48
comments(0), -, -
晩秋のゴルフ
s-落ち葉.jpg
西宮GCのコース

ロングコースの左ラフに飛んだボールは柿の木の根元にありました。
アイアンを構えてグリーンを狙った眼の先には枯れた葉っぱが一輪。
秋の深まりを感じてショットの前にワンカット。
後のショットはご想像にお任せします、結果は5オンの3パット。
9.3フイートのグリーン速度にタジタジでした。


s-木ハナミズ.jpg
同じ西宮カントリーのショートホールです。
はなみず木の赤い実がグリーンを遮っていました。
160ヤードを6番アイアンで見事にオンしましたが、又3パット。
この日の一日はパットで難儀しましたが、晩秋のプレーは最高でした。



























 
author:古木屋, category:-, 17:24
comments(0), -, -
正倉院展の琵琶と文様
 
       151105 正倉院の琵琶.jpg
         正倉院御物の紫檀木画槽琵琶

151105 正倉院文様.jpg
 上記 琵琶の背面の文様

秋の奈良で開かれている正倉院展に行ってきました。
今回で67回目の一般公開です。
沢山の御物のなかで琵琶に描かれている背面の文様に惹かれました。
1300年も前にこのような絵柄が紫檀や象牙で組み合わされた文様に感銘しました。
現代の工芸品にデザインされても素晴らしい品になると思われます。
昔も今も人の審美眼はいささかも変わっていないようです。




 
author:古木屋, category:-, 08:00
comments(0), -, -
似顔絵のラテアート
s-151028 ラテアート似顔絵.jpg
社長の似顔絵をラテアート
s- 151028 似顔絵制作中.jpg
コーヒーにラテアート 制作中の島倉主任

当社総務の社員、島倉主任はラテアートが特技です。
午後3時のコーヒータイムに私の似顔絵をホットコーヒーに絵付けしてくれました。
金婚式を記念して私ども夫婦の似顔絵から見事に書き上げてくれました。
特技を持った社員の存在はうれしいものです。
書いている時間は20分程度、多少コーヒは冷めていましたが自分の顔を眺めながら飲んでいるうちになんだか心が温かくなってきました。


s-151028 ラテアート飲み始め.jpg
飲んでいるうちに実物によく似てきました

 
author:古木屋, category:-, 10:00
comments(0), -, -
ネット専用の出荷ヤードが完成いたしました
151028 HWC出荷部屋.jpg
ネットでご注文された商品は再度の検査をえて丁寧に包装され出荷されます
s-DSCF3502.jpg
整理されたセレクション容器の専用倉庫

この度ネット専用の出荷ヤードが新しく完成いたしました。
「良質な容器を迅速に丁寧に」をモットーにネットのご注文にお答えしてまいります。
当社のセレクション容器は千種のパターンを越えて常備在庫しています。
当日のご注文には翌日出荷を、午前中のご注文も当日には出荷できるよう対応しています。
本社、東京支店ともネット専用の担当者がいつでも容器のご相談に応じております。
何卒ご愛顧のほどお願い申し上げます。




 
author:古木屋, category:-, 18:19
comments(0), -, -