RSS | ATOM | SEARCH
s-柿.jpg

秋も深まり山間の道端に形の良い柿が実っていました。
この柿は渋柿なのでしょうか、このまま残ってカラスの食べ物になるのでしょう。
子供の頃、渋柿を取って秋の田の温もりの中に埋めておき、渋が甘味に替わって来るのを待って食べたものです。
又、美津濃スポーツに在籍しゴルフクラブの製造研修中、アメリカ産の黒柿を輸入し渋を抜いてウッドヘッドを作った思い出もあります。
干し柿は正月の飾り物ですが、北陸の田舎では冬の炬燵でのお菓子替わりによく食べていました。


 
author:古木屋, category:-, 08:48
comments(0), -, -
Comment